こじま的な記録

札幌のとある大学生

迷い。

迷いがある。

僕が2年生の頃、既に部の先輩を全員抜いていた。全国大会でも悪くない位置にいた。狙える位置だった。


しかし、3年生の夏から1年間フランスに交換留学で滞在した。それは丸1年のブランクを意味した。


帰国後の9月に部活に復帰。そして今日、前期冬連(旭岳合宿)終了に伴うタイムレースがあった。雪質は最高にも関わらず、タイムは格段に遅くなっていた。同期に圧倒的な差をつけられ、完敗した。3年生の後輩に少しバカにされたような言い方をされた。


腹は立つ。しかし当たり前と言えば当たり前。この世界はタイムが全てで、結果でしか語れない。過程は評価されない。頑張るのは当たり前だ。


今年は圧倒的に練習時間が取れていない。就活や授業でしばしば練習にも行けていない。


脳裏によぎるのは僕が1年の頃に全国大会で入賞してポイント(各競技15位まで大学にポイントが加算される)を取った先輩の言葉だ。

「絶対ポイントとれよ。」


なにもかも中途半端で「ある程度」終わるのか。何かを成すために多くの犠牲を払うか。いずれにせよ何もかもはできない。



今なにをすべきなのか。



あざした。

※追記

スキーをあと1年と3ヶ月やることにした。この競技を1からやり直し、限界までやり抜く。ポイントを取らなければ止められない。

就活は並行してやるが、商社以外は考えないことにした。これについてはあとで述べる。


決断したら少し楽になった。お金はなんとかなるだろう(白目)