こじま的な記録

札幌のとある大学生

金欠アンド金欠アーンド金欠

おかねのはなし

後ろから読むと、「しなはのねかお」。アナグラム的には「のおかはなしね」。農家は無しね。うん。

こんな場でお金の話をするのも忍びないが、日頃から正直・誠実・謙虚を心がけている僕にとってみれば、そんなしがらみなど糞だ。

そもそもこの金欠っぷりは今に始まったものではない。大学3年間、心底余裕で「あ、お金いいよ。俺だすぜ」と言ったことは一度もない常に残高との仁義なき闘いである。

さて今日のことだが、極めて心外な、金銭に関するいじめにあった。

先月末、契約満了に伴う引越しで、家賃1ヶ月分の敷金が口座に振り込まれるということを管理会社に伝えられた。期日は先週の金曜日ということで、僕は心をウキウキさせてまだかまだかとネットバンキングの残高の更新ボタンを連打していた。
あの感覚は、誕生日プレゼントを通販で買って、配達されるの瞬間をマンションの玄関で待っていた小3の頃と似ている。ちなみに中身はマジック用品だった。今やリサイクル社会だ。何かに再利用されて人の役に立っているんだろう。

しかしおかしい。待てども押せども残高が増えない。

f:id:kojyk:20151207233228j:image
あれ?あれれれれ?
所持金は2000円。残高63円これはと思いつつ週末の合宿に出かけた。

合宿では幸いにして1600円ほどの宿泊料を払えば良かったので、なんとかなった。所持金400円。残高63円変動なし。

合宿はいい感じで追い込むことができ、チームメイトとの仲も深められた。そこにお金などという資本主義の産物はなかった。帰りに世俗のものを食べたかったためポテチとせんべいを買った。梅味。所持金80円。残高63円変動なし。

そして今日。起きた。所持金80円、残高63円変動なし。

ええぇぇぇぇええぇえぇぁえぇあああぇ
 
あー、管理会社もミスしたんだな。昨今の不動産業界は不況だからこんなこともあるもんだなぁ怖いなぁと思って、私電話したんです。

僕「敷金の払い戻しって先週の金曜じゃなかったでしたっけ。」

カス「あー、それ今週ですねぇ。少しお待ちくださぁい、ガチャ。」

は?くたばれこの雪虫めが、と言いたいところをグッと我慢した。
僕は今週の金曜まで残り4日間を140円で生きなければいけないことに気がつき戦慄した。この男、つくづくギリギリな男だ。追い込まれて本領を発揮するデュエリストの鏡なのか。

ちなみに今日の朝食はプロテイン。昼食は抜き。夕食はプロテインと白米。白米にはふりかけとポン酢とチーズをかけていただいた。美味。炭水化物ダイエットなどに目もくれない。

明日は彼女と久々に会う。白米を持って行き、弁当作っちゃう系男子をアピールする。


あさした。


※追記 12/8 
親に未払いだった7000円を緊急に振り込んでもらった。これで今日も生きられる。