こじま的な記録

札幌のとある大学生

卒業が決まった。

ご無沙汰に次ぐご無沙汰。ご無沙汰してます。コジマです。

先日、無事卒業が決まりました。大学生を終えるにあたって両親への感謝を述べます。すこし湿っぽくなりますが、必要性を感じたため、自分のために書きます。文章が上手くないので、今度見直してまとめたいと思いますが、取り急ぎ。

 

1.父への感謝

まず、大学を卒業させてくれた父に感謝します。分かりやすいのはお金です。

 

僕が大学を卒業するのに必要な費用は、

入学料:28万

学費:54万×5=270万

生活費:9万×60ヶ月=540万

合計:830万+その他

部活や留学で多額の資金援助を受けたため、「その他」を含めれば、少なく見積もって1000万近いお金を僕に費やしています。家が買えます。フェラーリが一括で買えます。何だってできちゃいます。

 

少し父のことについて。

 

 

    就活で悩み疲れて十円ハゲができて、夏に奈良に1週間ほど帰省しました。帰省中、父の古い友人と3人で大阪で飲んだ日の帰り道を僕は鮮明に覚えています。

    最寄駅から実家まで、1km近い坂道が続きます。仕事で疲れ、酔った父は前を歩いていました。疲れた父の後ろ姿をみて、自然と「働かないと」という思いが湧きました。

 

    父は実業団の自転車選手でした。銀行の仕事の傍らで競技生活を続けていましたが、家族のために引退。その後は自転車業界のプロ化を夢に持っていました。父の夢は物心ついた頃から(何度も何度も)聞かされていました。口下手で(おそらく)子供が苦手であろう父ですが、自転車に関してはアツい話を何度も話しました。

    僕が働かなければ父の夢を奪ってしまうことになる。これ以上仕事で疲れ切った父の背中を見たくない。本気で、「働こう」と思ったのはその時でした。

 

    父はよく「人と違うことをしろ」と僕ら兄弟に言いました。その真意は「人と違う目線で物事を見ること」だと解釈しています。

    大勢に乗ることも大事ですが、一歩引いて流されずに物事を見る視線は父から教わりました。北大を選んだことも、クロスカントリースキーをしたことも、留学先としてフランスを選択したことも、就職先を再エネ会社にしたことも、全て後悔していません。

 

    僕が言うのはおかしな話ですが、頼むから自分のために生きてください。家族へのと、自転車への信念を持つ父を、世界中の誰よりも尊敬しています。

 

2.  母への感謝

    コジマ家を語る上で欠かせないのは母親です。家族の太陽であり、強さを体現している人間です。

 

    小学校から高校まで単身赴任が多かった父とは距離的には離れていました。その代わりにいつも僕のそばにいたのは母です。

    あれをしろこれをしろといつも口やかましく言うのは母親でしたが、同時に笑わせたり、励ましてくれるのも母でした。僕がバスケ部のキャプテンとしてプレッシャーに押し潰されそうな時に、夜に母に話を聞いてもらい、ハッパをかけ自信をつけてくれました。

 

    自分の弱さを認めて、人に打ち明けられる人間は多くありません。詳しくは本人のために言いませんが、2ヶ月前に母は自分が如何に弱い人間だったかを包み隠さず打ち明けてくれました。

    僕はその弱みを打ち明けられる母を、世界一強い母だと思っています。父が単身赴任の間、1人で2人の息子を育てる事がどれほど大変だったかを僕には想像もつきません。子供に弱さ一つ見せず、気丈にガンガン口出ししてくれた強い母を僕は尊敬しています。そして多分何となく母が辛かったことは僕は分かっていたと思います。

 

     辛い事があっても切り替えられる人間に育ったのは母のおかげです。この強さは厳しい社会にでる自分にとって、最大の財産です。そして人の相談にのったり、人を笑顔にさせるのが大好きになったのは母のおかげです。フランスの母のような、本当の強さを持つ母を、心から尊敬しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

     24年間、変わらぬ愛をもって僕を育ててくれてありがとう。これからも頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活を終了

長期にわたる終活が終了しました。来春から再生可能エネルギーの事業会社で働くことになりそうです。

思えば、PM2.5の論文は環境関連の会社に内定を貰う予兆だったのかもしれない・・・

 

 

 

 

ひとまず月曜日からの合宿に参加し、部活復帰です。

今日は札幌から朝日町までの200km強をロードバイクで移動しました。

 

やったよ!!人生初の200km超え!!!しかもソロ。

 

 

1ヶ月前と比べ、ペダリング技術が確実に上達しています。片足ペダリングの練習で発見した引き足パワー=踏み足パワー」「踏み足11時」「足裏は地面に平行」の意識が、ライド中盤あたりから徐々に無意識化されていくのを感じました。

あとは骨盤の左右への倒し方を体得できれば、平地は悪くない走りになりそうです。イメージはカンチェ。

 

 

気が向いたら就活の話をまとめます。

 

 

 

おわり。あざした。

通過点

来週は最終2つあるけど、これは通過点だ・・・通過点だ・・・。やるべきことやろ・・・。

 

 

おわり。あざした。

近況報告マン。

ども。就活でやるべきことに集中できないため、箸休めとして近況報告をします。

 

もくじ

1.最近受けている企業

2.受けた中で感じたこと

3.今やっていること

4.これからの目標

5.まとめ

6.追記 

 

1.最近受けている企業

最近は、ベンチャー企業を中心に受けています。一口にベンチャーと言っても、スタートアップしたてから、上場待った無しの企業まで様々あります。後者で有名な企業は、ラクスルやメルカリでしょうか。同じベンチャーでもイケイケドンドンの企業もあれば、ドッシリシッカリの企業もあります。

 

ベンチャー見て2週間程度であることに加え、面接中ということで、あまり詳しいことは言えませんが、僕が受けているのは、どちらかと言うとドッシリシッカリ型の企業です。(※流行に流されるような企業ではないという意味で。)

 

私の場合は、エージェントと相談しながら、紹介して貰った企業を先入観なく片っ端から見ています。受けている企業は、程度の差はあれど、私の性格にかなりマッチしているという印象です。実際に採用が二次・三次と進んでいるのは、エージェントが性格分析などを元に紹介してくれるからでしょう。エージェントってすごいいいいぃぃぃぃ。

 

 

2.受けた中でかんじたこと。 

面談を受けていくなかで、いいな!と思った企業に当てはまる特徴は3つあります。

 

①マジで採用に時間をかけてる

説明会やるだけでも、僕個人に1時間たっぷり説明してくれます。この前は延長して2時間くらいずっと話してました。さらに、考えさせる質問が多い。自分の全てを見ようとしている感じです。10分で二次面接を挙行する某総合商社M社とは違い、マジで優秀な人が欲しいんだなーというのを感じる毎日です。難しい問いであればあるほど燃えます。

 

②上質で価値あるモノと、それを売る人たち。

自社の製品・サービスに自信めっちゃ持っている人がいっぱいいます。本当に上質で価値あるものを求め、上質な人・モノ以外を他人に紹介したくない私にとって、これは本当に共感できるところでもあります。

 

③すごーく話やすい

面接でも社員訪問でも、何でも言えて聞けます。入ってからもそういう土壌しかない(とのことです)。自分の提案が聞き入れられずに却下されるのが死ぬほど嫌な私にとって、これは本当に嬉しいことです。

 

こんなところでしょうか。最近、自分はベンチャー向きの人間なのかもしれないと本気で考えるようになったのは、このような私にとって魅力的で共感できることが多いからです。

 

 

3.いまやっていること

自己分析しかしてないです。とりわけ、自分の感情が揺さぶられた瞬間を思い出して、文書化しています。感情でモノゴトを判断する自分にとって、この分析がベストなのだと思うようになりました。もっと早くからやれよっていう話ですが、全部経験なのでこれでいいのです。

 

4.これからの目標

いまの目標は1つです。

 

「マジで働きたいと思える企業から内定を取って、納得のいく形で就活を終えること。」

 

8月で決めたいですが、8月で決まらないなら、9月もやります。  

そのために私にとって必要なのは、選択肢(内定)です。今は選択肢を少しでも増やして、その中で比較検討して決めることが先決なのです。

 

5.まとめ

やることやるぜえええええ!!!!!!!!!

 

 

6.追記

f:id:kojyk:20160820185103j:image

フランスの友達にこの画像を送ったら

Oh, mais le japon c'est le futur =でも日本は未来やからな。

って返されて爆笑しました。日本は未来に生きています。

 

 

 

 

おわり。あざした。

 

 

 

 

朝ライド@手稲山 / オープンキャンパス

1.手稲ライド結果!!

 

結論からいうと、

 

1本目・・・37:23(自己ベスト)

2本目・・・40:41

 

目標達成しました!!

前回よりも約8分半も上回り、さらに目標タイムよりも2分半以上上回ったのは驚き!これにより筆者はめでたくサイコンを買うことができます!。金はありません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

タイムを更新したことでテンションが上がったのと、すれ違った2人が2本目登っているのを見たため、筆者も初めて2本目に挑戦。

 

脚は重かったですが、2本登り切れたことは自信になりました。

ゴール前に登山していた親子からの応援もまた嬉しかった。やる気がでます。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

これでようやく凡人の域に達したと言えるでしょう。引き続きチャレンジし続け、年度内に30分を切りたいところ。

 

まず85kgから80kgまで体重を落とせよお前。そこでカタカタ打ってるお前だよ。ああ俺だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

2.留学経験の発表で得たこと

 

オープンキャンパスで、高校生相手に留学経験を話しました。

この話を引き受けて心底良かったと思っています。その理由は3つ。

 

①元気をもらった。

前提として大学生の留学話をウンウン聞けるわけない。それは海外に出た体験がないからです。書評だけ見てその本を読まないのと同じです。

それでも、目を輝かせて自分の話を聞いてくれたり、「入学したらフランス留学したいんです!」という強い意志を持った高校生たちと話すのは、就活中の自分にとって本当に刺激になりました。

夢を実現するかは意志の強さで決まると信じています。「御社に入ってやったるぜおらーー!!」という意志を強く持って面接に臨もう、と決意したついさっきです。

 

②「人前で話す」とは何かを考える機会になった

今回のオープンキャンパスは、同一プログラムを昼と夕方の2回に分けて行いました。

昼の第1回では「とりあえず聞かれたこと話しとけ」と思って話ましたが、あまりウケが良くないと感じました。

そこで、夕方では、実際に高校生が直面している「受験」とこれから直面するであろう「留学」を繋げられるような話を心がけました。

つまり「聞き手の気持ち」を考えて話しました。聞き手はどんな体験・情報を求めているのかを考えて話すことは、想像以上に難しい。

でも、こうしてセミナーで話せて、その難しさを体感できました。本当に良かった。そしてもっと慣れねばいけません。

 

③留学体験の再構築

僕の留学経験は以外とチャレンジングでした。どこの留学生がロードバイクを日本から郵送して、フランス半周の旅に出るでしょうか。しかも留学中に。野宿と野糞しまくってワロタ。その話はまた今度。

そんな割と意味不明な体験も含め、自分のなかでの留学を再構築できたと思います。

 

「くっそ聞けねー!」→「聞こえる分からん単語書き取って全部単語帳にしたる」

「くっそ喋れねー!」→「話す内容を準備して人に会ったる」

「くっそ語学学校入れねー!」→「何度でも大学の事務に行って交渉したる」

 

そんな留学でした。悔しさをバネにした時、いつも何か事を成している気がします。 手稲もそうっすね。逆境に立ち向かった時は負けない自信があります。逃げないで、正面から打開する。

 

お陰でフランス人の親友が何人もできました。皆で笑いまくって、議論して、飲みまくりました。

逆に言えば悔しさが無いと怠惰なのでそこは直すべき点です。常に準備をしっかりすること。準備マシーンと言われる日も近い!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー 

 

乱文失礼しますた

今日の夜から東京行きます。AirDoワクワク。

 

 

おわり。あざした。

 

スキー部ライド

f:id:kojyk:20160806233032j:image

スマホにも関わらず、ハイパー綺麗に撮れたモアイ像の誰得写真。携帯の壁紙やポストカードにどうぞ。著作権とか捨てました。

 

今日は札幌〜旭山記念公園〜小林峠〜滝野霊園〜札幌を走ってきました。

距離は分かりまてん。多分50kmくらい。

 

当然急かしたり追い込んだりせず、のんびり行きました。

帰路、部員の実家にお邪魔し、皆でアイス・コーラ・パスタを食い荒らしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

明日は手稲山にアタックする予定です。前回タイムが45:53だったので、今回は40:00切りを目指します。

前回はスタート位置ミス+チンタラ登りだったので、6分短縮くらいは余裕でしょう(涙目)

 

40分切ったらcateyeストラーダデジタルを買うぜ。俄然やる気が湧いてくる。

また、地域の自転車クラブに入ろうと思い、探し中。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんか自転車ブログになってんな。なんだこれ。思ってたのと違う。

 

 

おわり。あざした。

 

 

 

 

 


 

明日は決戦!

ああん。書いた内容全部消えちゃった。昨日は友達から執筆の脅しを頂いたため、書きます。

 

明日はスキー部員6人でサイクリングに行ってきま〜す。ゴリゴリの男7人です。どこかに自転車女子転がってねえかなあ。

初心者が3人いるため、ライド前に手信号の方法だけは共有しようと思います。

 

今日の旭山記念公園。

f:id:kojyk:20160805233140j:image

豊平川サイクリングロード〜小林峠(真駒内側から)〜幌見峠〜旭山記念公園〜自宅の30キロ弱の旅。

 

公園の自販機のコーラが100円だったので、「うひょー!」と思って買ったら、250mlくらいの缶でした。完全に損。その場でF✴︎ckし、ゴミは苛立ちと共にゴミ箱に捨てました。俺って偉い。

 

LOOKの695Lightが気になっている今日この頃。

f:id:kojyk:20160805234227j:image

モンドリアン カラーが素敵。メーカーもフランスだし、買うしかない。1年後かなぁ。

 

おわり。あざした。